ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ

なるべく早く運転資金や事業資金を借りたいとお考えの経営者や個人事業主の方へ。お金を借りるには金融機関の審査に通る必要があります。銀行の審査に落ちてしまって不安とお考えの方に、ビジネスローンの借り方について解説します。
マカロン
ナポレオン
HOME => 普段、生活していると、ビジネスローンのビジネ

普段、生活していると、ビジネスローンのビジネ

普段、生活していると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良くて頭に残ってしまいますよね。

同じ意味で捉えている人が多い言葉でキャッチフレーズという言葉がありますが実際のところどのような違いがあるのでしょうか。

辞書を引いてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと捉えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーはプロモーション目的に限定されたもの、キャッチフレーズは自己紹介でのPRなど宣伝以外の幅広いものを含む場合に使われるそうです。

よくCMや街角などいたるところで見かけるアコムですが基本的にテレビCMでは消費者向けしか宣伝していません。

消費者向けのみの印象ですが実は、ビジネスローンも行なっているのを知っていますか?アコムのローンは一般的なノンバンク系のローンと違い対象を法人ではなく個人事業主にしています。

そのため、他のローンでは最高j500万?1.000万くらいが上限なのに対しアコムのローンは上限を最高で300万までに設定されています。

他の違いとしては、最初の審査に通っていればご利用限度額まで消費者受けカードローンと同じように何度でも利用できることです。

また、審査期間も多くのビジネスローンでは基本的に翌日以降なのに対し即日可能になっていますネットでビジネスローンについて調べているとこんな質問を見かけます。

それは「審査が甘い」という内容のウワサです。

結論から言ってしまうと、甘いわけではありません。

基本的には金利を見ると審査がどれくらい厳しいかがわかりやすいとされ、銀行融資など低金利になるほど厳しく、ノンバンク系のローンのように高金利になるほど審査が甘いと言われています。

必ず事業計画書などを提出する必要があり、そこに書いてある内容を1から2ヶ月かけて審査することが多いです。

他にも提出する様々な書類から多角的な面から審査します。

このように金利によって審査する基準の厳しさは変わります。

消費者向けのカードローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンを利用して借りたお金はビジネス用に使うためことはできません。

もし事業用にお金を借りる必要があるのならビジネスローンで借りなければいけません。

そもそもビジネスローンとはどういったものなのでしょうか。

大きく分けるとみなさんが想像するする銀行融資と金利が高めだけど審査が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい審査期間が短いかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資と非常に大きな差があります。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

新しい設備が欲しいけど予算がない、集金ズレが発生してしまった、そんなときに利用を考えるのがビジネスローンです。

ビジネスローンには色々なメリットがあります。

例えば、銀行期間の融資時に必要な担保や保証人が原則不要なことや融資までの時間が短いことなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くの法人ローンでは新規開業資金などの場合でも事業計画所提出で申し込み・審査ができるので実績がないことを理由に銀行融資でいい返事をもらえなかった際に相談してみるのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

融資で資金調達を検討する際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資をされたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、変動年金利で2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、審査が早いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広く設定されています。

世の中には様々なタイプのビジネスローンがあります。

その中には、一般的にイメージする銀行系のローンやクレカで有名なオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを確認しましょう。

まず最初に提出しなければいけない書類を用意しましょう。

多くのノンバンク系ローン商品で必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに必要な書類が異なることがあります。

これらの書類を用意したらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

気になる審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

世の中に多くあるビジネスローン会社ですが正直、審査基準などがどうなっているかわからずどのローンを利用したらいいか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判や特徴などを調べてみました。

一例として、アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で連絡をして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算になってしまい融資が必要なときに決算状況だけでなく資産や収益などを評価してもらって希望額を借入できたという評判もありました。

他の特徴として、従業員3名以下の小規模経営の経営者の利用が多いようです。

悩んだ際は利用者の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

何かしらの手続きをする際に用意しなければいけないものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って用意するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借り受ける際に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、登記事項証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては1期分の決算書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に商業登記簿謄本などの書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めてその銀行と取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

経営者の方の中には、うまく事業が軌道に乗らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも融資審査に通るのかということです。

融資審査の仕組みの原則として、利益が出ている会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が行われるのですが赤字の場合利益が出ないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に通る可能性がある場合もあります。

例えば、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ All Rights Reserved.