ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ

なるべく早く運転資金や事業資金を借りたいとお考えの経営者や個人事業主の方へ。お金を借りるには金融機関の審査に通る必要があります。銀行の審査に落ちてしまって不安とお考えの方に、ビジネスローンの借り方について解説します。
マカロン
ナポレオン
HOME => ビジネスローンで資金集めをしようと考えている方

ビジネスローンで資金集めをしようと考えている方

ビジネスローンで資金集めをしようと考えている方、どのローンで工面しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンを利用するのはいかがでしょう。

このローンのメリットとして、ご利用限度額の範囲内なら何回でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借入する際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むに当たって1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングやヤフオクへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングへ出店している事業者の方にオススメのローンです。

ネットでビジネスローンについて調べているとこんな質問を見かけます。

それは「ビジネスローンの審査は甘いと言うのは本当ですか?」という内容です。

結論から言うと、そんなに甘くありません。

基本的には金利を見ると審査がどれくらい厳しいかがわかりやすいとされ、低金利になるほど厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

ノンバンク系のローンのように高金利になるほど審査が甘いと言われています。

必ず事業計画書などを提出する必要があり、そこに書いてある内容をノンバンク系のローンでは本人確認書類と決算書のみでOKというローンもあります。

他にも提出する様々な書類から多角的な面から審査します。

ノンバンク系ローンでは早い会社では即日融資と早さが違います。

事業を始める際の資金集めの強い味方であるビジネスローンですが色々な機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も違うので借りる時期などでどのローンを使うのかを把握しておくことが大切です。

すぐに資金の準備が必要なときにおすすめなのがオリコカードなどの行なっているノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンではほとんどの場合において審査から融資までが早いですが金利が6%?18%の間と幅広く設定されています。

逆に、支払い期限などの時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

世の中にビジネスローンは多くありますが正直、審査基準などがどうなっているかわからずどのローンを活用したらいいか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判などを調べてみました。

例として、アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で審査の申し込みをして翌日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算になってしまい融資が必要なときに資産と収益などを評価してもらって希望額が融資されたという評判がありました。

その他にも従業員3名以下の小規模経営企業の利用が多いようです。

迷った際は利用者の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

融資で資金繰りをする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資を受けたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調べてみました。

日本政策金融公庫の融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

通常、融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンの場合、限度額5000万円で年2%台からと低い数字ですが基本的に担保が必要になります。

最後に、融資までの期間が短いノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%とローン会社ごとに幅がとても広くなっています。

よくCMや街角などで多く見かけるアコムですが基本的にCMでは消費者向けしか宣伝していないため。

そのため消費者向けのみのイメージを持ちがちですが実は、ビジネスローンも行なっています。

アコムのローンは他の多くのノンバンク系のローンと違い貸付対象を法人向けではなく個人事業主にしています。

そのため、多くのローンでは上限を最大で500万?1.000万設定なのに対しアコムのローンは最高で300万までと上限が少し低く設定されています。

他の違いとしては、最初の審査に通っていればご利用限度額まで消費者受けカードローンと同じように繰り返し利用できることです。

また、審査期間も大半のビジネスローンでは翌日以降なのに対し即日可能になっています中小企業の経営者の中には市場の変化などで赤字決算を出してしまい融資を考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は簡単には行きません。

ノンバンク系のビジネスローン会社なら融資してくれるかもしれません。

例えば、ビジネクストの場合では必要書類の本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、印鑑証明などで審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」というフレーズ通り赤字でも融資をしてもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは審査期間が明記されていませんが赤字決算企業の審査の場合は即日融資されている件数は少ないようです。

ビジネスローンで借り入れしている方の中には今借り入れしている金融機関よりも低金利の金融機関を見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった借り換え行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結果から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が基本的に自由なのでA社からの借入金を他のB社やC社から借り入れたお金で支払いしたところでA社からすると貸していた事業者から完済してもらっただけということになります。

なのでA社からすると拒否する理由もないからです。

同じように銀行融資や公的融資、有担保低金利ローンへの借り換えもできます。

様々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借り受ける際に必要な書類を調べてみました。

@運転免許証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン会社ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、印鑑証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で確定申告書で大丈夫という会社もあるようです。

銀行融資・公的融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

近年、フリーランスや中小企業など大企業に比べて規模の小さい事業を行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面は大企業に比べると不安定になりがちです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社も減っており、小規模事業者の廃業が非常に多いそうです。

こういった規模の会社の場合、翌月の仕入れができない、など短期間での融資のニーズ出てきます。

そのニーズに応えるのがbusinextなどのビジネスローンです。

ビジネスローンが選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といった面や銀行融資に比べ書類の提出から融資までに時間がかからない点があるようです。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ All Rights Reserved.