ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ

なるべく早く運転資金や事業資金を借りたいとお考えの経営者や個人事業主の方へ。お金を借りるには金融機関の審査に通る必要があります。銀行の審査に落ちてしまって不安とお考えの方に、ビジネスローンの借り方について解説します。
マカロン
ナポレオン
HOME => 企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利

企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利

企業経営をしている人の中にはビジネスローンの利用を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で融資を受けたいですよね。

その場合は公庫融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなどいろいろなローンが用意されているので借主の状況によってローンを選択できます。

気になる金利も創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの借り入れでは原則保証人不要なようです。

中小企業の経営者さんの中には市場の変化や減価償却費などで赤字決算に陥ってしまって資金集めが必要と思っている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行は融資を渋る傾向があります。

ノンバンク系のビジネスローン会社なら融資してくれるかもしれません。

例えば、ビジネクストの場合では必要書類の本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分、印鑑証明などで審査が行われます。

提出をすることで融資の審査を受けられます。

赤字でも融資を行ってもらえたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは即日融資可能と載っていますが赤字決算企業の場合は即日融資は厳しいようです。

事業を始める際の資金繰りで強い味方であるビジネスローンですが色々な金融機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローンごとに利率も違うので借りるタイミングごとにどのローン商品を使うのかを把握しておくことが大切です。

支払いが滞りそうなどすぐに資金が必要なときにおすすめなのがビジネクストなどのノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローン商品ではほとんどの場合において金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、時間に余裕がある場合では銀行融資や公的融資がオススメです。

審査が長くなりやすく担保は必要になりますが金利が2%台からと低めに設定されています。

銀行系のローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」というフレーズです。

どういったものか見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのローン、つまりビジネスローンのことでした。

検索してトップに出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で審査を受けられるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換をする際の設備投資資金に良いのではないでしょうか。

しかし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長めです。

そのためすぐに資金調達をしたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

消費者向けローンで有名なアイフルですが消費者向けカードローンで借りたお金は「消費者」とつくだけあり事業用にお金を借りることはできません。

経営者の方が事業用にお金を借りるにはビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういった種類があるのでしょうか。

大きく分けてみなさんが想像する比較的低金利の銀行融資と金利が高めだけど審査が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日と非常に短いです。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

ネットを見ているとこんな噂を見かけました。

それは「審査が甘い」という内容のウワサです。

結論から言うと、そんなわけありません。

審査の厳しさは基本的には金利を見ると厳しさがわかりやすいです。

金利が低ければ厳しい、金利が高くなるほど審査が甘いと言われています。

一般的にイメージする銀行融資の場合、必ず事業計画書などを提出する必要があり、そこに書いてある内容を1から2ヶ月かけて審査することが多いです。

他にも提出する必要書類の数が全く違うなどノンバンク系ローンでは早い会社では即日融資と早さが違います。

個人事業主、自営業者の方にとって自分たちの事業のためのそれは新規事業の立ち上げや設備投資するための資金調達です。

現状、個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が限られています。

例えば、法人の場合では、日本政策金融金庫からの貸付や有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主の場合、日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性の方が高いです。

そういったときの資金集めの方法としてアプラスをはじめとしたビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンごとに必要書類など条件は違うので申し込む際は気をつけてください。

中小企業における設備投資や取引先への支払いなど短期的に短期的に解決してくれるのがビジネスローンですがそもそも事業者向けローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なキャッシング(カードローン)は個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですが投資や事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資と聞くと銀行をイメージする方も多いと思いますが融資が必要な時まであまり時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や来店が原則不要となり即日融資が行われるところもあるくらい対応が早いです。

ビジネスローンで資金をどうにかしようと考えている方、どのローンで工面しようと思っていますか?悩んでいるならジャパンネット銀行のローンを利用するのはいかがでしょう。

このローンの長所として、ご利用限度額の範囲内なら限度額に達するまで何度でも借りることができるという点があります。

他のローンでは、追加で借入する際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもインターネットで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングへ商品の出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字を出してしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組み上、決算書を見て利益が出ているとわかる会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資額が決定されるのですが赤字の場合利益が0なのでので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、仕事で使う器械など減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には不動産など十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンの場合です。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ All Rights Reserved.