ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ

なるべく早く運転資金や事業資金を借りたいとお考えの経営者や個人事業主の方へ。お金を借りるには金融機関の審査に通る必要があります。銀行の審査に落ちてしまって不安とお考えの方に、ビジネスローンの借り方について解説します。
マカロン
ナポレオン
HOME => 企業経営をしている、起業を考えている人の

企業経営をしている、起業を考えている人の

企業経営をしている、起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を考えている人も多いのではないでしょうか。

その際はできるだけ低金利で借りたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行機関の融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々な種類が用意されているので借主の状況によって選択するローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは15年以内の返済では通常金利で1.8%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則保証人不要なようです。

世の中に色々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的に想像する銀行系のローンやオリコなどクレジットカードなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを確認しましょう。

まず最初に提出しなければいけない書類を用意しましょう。

多くの場合、提出が必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本の提出が必要な場合もあります。

これらの書類を準備したらあとはネットで申し込むだけです。

ネット申し込み時には免許証などの本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

銀行系のローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という名称です。

どういった内容か見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのローン、つまりビジネスローンのことでした。

検索して一番上に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると沖縄県内に事業所を持っている法人は審査を受けられるようです。

融資額も最高5000万までということなのでローン商品を考えている地方銀行も多いようです。

ただし、銀行機関の行うローンのため審査期間は長くなりがちです。

そのためすぐに資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

中小規模の企業における設備投資など短期的に資金が必要なときに利用を考えるのが事業者向けローンですがそもそも事業者向けローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なカードローンは消費者を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですがギャンブル・事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資と聞くと銀行をイメージする方も多いと思いますが融資までの時間をかけたくない方にはノンバンク系のビジネスローンをお勧めします。

ノンバンク系の多くの金融機関では担保が原則不要となり申し込みタイミング次第では即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

資金繰りに困った際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選択したら良いのでしょうか。

web上の口コミなどをもとに調べてみました。

一番言及されている点は申し込みから融資までの速さのようです。

例えば、審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、アイフルグループやオリコカードなどどこの会社グループに入っているのか、累計利用者がどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に選ぶ際に重要なのが最大限度額や金利、いつまでに返済したらいいかという最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションのページが用意されているので活用してください。

近年、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて小規模ビジネスを行う会社が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は高いですがやはり資金面は不安定になりがちです。

中小企業白書によると2009年から2014年にかけて中小企業は40万社減少しており、小規模事業者の廃業が非常に多いそうです。

中小規模の会社では短期間での融資のニーズが多くそのニーズに応えるのがビジネスローンです。

そのニーズに応えるのがbusinextをはじめとするビジネスローンです。

選ばれている理由を見てみると担保やオンライン上で申請できるので来店が原則不要といったことや銀行融資に比べ書類の提出から融資までに時間がかからない点があるようです。

個人事業主、自営業者の方にとって設備投資など事業のための資金調達は経営上重要な要素となります。

個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が現状では限られています。

例えば、法人の場合では、信用保証協会の保証付融資や銀行融資など経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らず融資されない可能性が高くなっています。

そういったときの資金調達方法にオススメなのがアプラスなどのビジネスローンで集めることも考えておきましょう。

ビジネスローンごとに細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類をイメージするのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が異なるので準備するのが大変なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に基本的に必要な書類を調べてみました。

@パスポートなどの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書の提出が不要という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行と初めて取引を行う場合は会社の案内書などが必要になります。

インターネットでビジネスローンについて調べているとこんなウワサをよく見かけます。

それは「ビジネスローンの審査は甘い」という噂です。

結論から言うと、甘いわけがありません。

審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいです。

例えば、よくイメージする銀行融資など低金利での貸付になるほど厳しく、一般的にイメージする銀行融資の場合、事業計画書を提出する必要があり、そこに書いてある内容をノンバンク系のローンでは必要ないことも多いです。

他にも提出する様々な書類から多角的な面から審査します。

このように話を聞いただけでも厳しそうな感じがしますね。

ビジネスローンで資金を借りている方の中には今借り入れしている金融機関よりも低金利の金融機関を見つけたから借り換えを考えているという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと金融機関から他の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローンは使用目的が基本的に自由なのでA社からの借入金をB社が貸してくれたお金で支払いしたところでA社からすると完済してもらっただけになるからです。

金利軽減を考えると銀行融資や公的融資からの乗り換え時に有効と言えそうです。

同じように銀行融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ All Rights Reserved.