ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ

なるべく早く運転資金や事業資金を借りたいとお考えの経営者や個人事業主の方へ。お金を借りるには金融機関の審査に通る必要があります。銀行の審査に落ちてしまって不安とお考えの方に、ビジネスローンの借り方について解説します。
マカロン
ナポレオン
HOME => 世の中に多く存在するビジネスローン会社ですが正直

世の中に多く存在するビジネスローン会社ですが正直

世の中に多く存在するビジネスローン会社ですが正直、各ローン会社の特徴などがわからずどのローンを利用したらいいか迷ってしまいますよね。

口コミなどから評判などを調べてみました。

アップスを利用した人の口コミでは、「朝一番で申し込みをして次の日には融資を実行してもらえた。

」という方や赤字決算に陥ってしまったタイミングで融資が必要なときに決算状況だけでなく資産や収益などを評価してもらって希望額を借入できたという評判もありました。

他にも、顧客の大半が従業員3名以下の小規模企業ということがわかるなど迷った際は実際に利用した人の口コミも参考にしてみてはいかがでしょう。

ビジネスローンで借り入れしている方の中には今借り入れしているローン会社よりも低金利のローン会社を見つけたから借り換えを考えているという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった借り換え行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、事業者向けローン制度は使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社が貸してくれたお金で支払いしたところで金融機関A社からすると完済してもらっただけということになります。

そのためA社からすると拒否することもできません。

同じように銀行融資や公的融資からの借り換えや銀行融資への借り換えもできます。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンをイメージしますが消費者向けカードローンを利用して借りたお金は自分の事業用に使うために借りることはできません。

もし事業用にお金を借りる必要があるのならビジネスローンで借りなければいけません。

でも、ビジネスローンって普段使わないからどんなものかわからないですよね。

大きく分けるとみなさんが想像するする銀行融資と高金利だけど申し込みから融資までが早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資をしてくれる会社もあるくらいです。

そのため中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

銀行のローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という名称です。

どういった内容か見てみると中小規模の会社もしくは個人事業主を対象にしたビジネスローンのことでした。

検索して上位に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で申し込みができるようです。

融資額は最大5000万までということなので事業転換を考えた際の資金に良いのではないでしょうか。

ただし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長くなりがちです。

そのためすぐに資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

個人事業主、自営業者の方にとって事業のための資金調達は経営上非常に重要な要素となります。

現状、個人事業主は法人と違い資金調達方法の選択肢が限られています。

例えば、法人の場合では、信用保証協会の保証付融資や有担保ローンなど経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主の場合、日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らないケースが多いです。

1そういったときの資金調達方法にオススメなのがアプラスやビジネクストなどのビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンごとに上限など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

創業を考えている人の中にはビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借りたいですよね。

その場合は低金利な公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使途自由のローン、農業経営者向けのローンなどいろいろなローンが用意されているので借主の状況によって選択するローンも変わりそうです。

気になる金利も創業期向けローンでは15年以内の返済では通常金利で2%とノンバンク系ローンと比べかなり低く設定されています。

また、1000万までの申し込み時は原則保証人不要なようです。

事業者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字決算を出してしまった、出してしまいそうなのでビジネスローンで資金繰りを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも審査に受かるのかということです。

融資審査の仕組みの原則として、利益が出ている会社の場合その利益から毎月の返済ができると判断され融資が決められるのですが赤字の場合利益が出ないので当然ローン審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でもローン審査に通る可能性があるケースもあります。

例えば、仕事で使う器械など減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを申し込む場合です。

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが資金が必要なときに利用を考えるのが事業者向けローンですがビジネスローンについてみなさんはどれくらい知っていますか?一般的なカードローンは個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですが投資や事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは企業家だけを対象にしたものになります。

事業目的の資金繰りと聞くと銀行融資をイメージする方も多いと思いますが融資までの時間をかけたくない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保が原則不要となり即日融資が可能なところもあるくらいスピーディーです。

インターネットでビジネスローンについて調べているとこんなウワサをよく見かけます。

それは「ビジネスローンの審査は甘い?」という内容の質問です。

結論から言うと、そんなに甘くありません。

基本的に審査の厳しさの目安は金利を見るとわかりやすいとされています。

低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

ノンバンク系のローンのように高金利になるほど審査が甘いと言われています。

例えば、銀行融資では必ず経営計画書を提出しなければいけませんが1から2ヶ月かけてローン審査することが多いです。

他にも提出した様々な書類から多角的に審査します。

このように金利によって審査する基準の厳しさは変わります。

色々な手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って準備するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必ず用意しなければいけない書類を調べてみました。

@健康保険証などの本人確認書類 A決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン会社ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、納税証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては決算書不要で確定申告書で大丈夫という会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外にも経営計画書などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて取引を行う場合は必要な書類も大きく変わります。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 ビジネスローン審査甘いところはある?即日の急ぎで運転資金を借りるコツ All Rights Reserved.