カウンターパーティーとは?

カウンターパーティーとは、FX取引のように外国為替市場における取引やCFD取引などのように、相対取引を行っている金融機関のことをさす呼び方です。

一言でわかりやすくいうと、「取り引きを行なう相手」といったところでしょうか。

例えばFX取り引きを行なう場合、FXを取り扱っているFX業者はたくさんありますが、全ての業者が外国為替市場にアクセスする事ができるというわけではありません。

そのため、外国為替市場へアクセスする権限を持たない業者は、アクセス権を持っている大手の銀行とカウンターパーティーとして金融契約を交わすことが必要になります。

FX業者だけではありません。

銀行ならどの銀行でも外国為替市場にアクセスする事ができるわけではなく、中小銀行などはアクセス権を持たない場合も少なくありません。

その際には、大手の銀行とカウンターパーティー契約を結ぶことが必要になります。

カウンターパーティーとしての金融契約は、お互いにリスクを伴います。

例えば契約している業者が債務を抱えたまま突然経営破綻してしまった場合などには、債務の回収が不可能になってしまいます。

そのため、カウンターパーティーとしての金融契約を行なう場合には、相手の信用度や業務体制などをきちんと調査してから契約をする事が必要になってきます。

CFD取引においてはFX取引よりもカウンターパーティーリスクが高くなるというデメリットがあります。

最近ではそのリスクを軽減するために取扱会社が仲介する事も多くなったようです。