白髪染め種類

白髪染めにはさまざまな種類があります。

それだけ選択肢が豊富にあるということは良いことですが、この数の多さのせいで何を選べば良いのかわからないという問題もあります。

白髪が目立ってきたので白髪染めを買おうと思ったが、いったいどれにすれば良いのかと迷う方もいることでしょう。

何を選ぶのかという時には、まずどういうものがあるのかを把握しなければいけません。

白髪染めの種類について勉強しましょう。

白髪染めは大きく分けて4種類あります。

それぞれにメリットとデメリットがあるので、簡単に覚えておきましょう。

ヘアカラータイプは、髪の内部にあるメラニン色素の脱色を行った後、染料を髪の内部に染みこませるものです。

とても効果が高く長持ちするという特徴がありますが、頭皮に対して刺激が強く、肌の弱い人は肌荒れを起こす可能性があります。

ヘアマニキュアは、髪の表面に染料を定着させて染めます。

分解・脱色を行わないため、ヘアカラーよりもダメージが少ないというメリットがありますが、その分持続期間が短いというデメリットもあります。

さらにシャンプーによって少しずつ色が落ちていくので、そこにも注意が必要です。

カラースプレータイプは、色を定着させるのではなく塗りつけるだけなので、シャンプーで簡単に落ちてしまいます。

しかしすぐに色を付けることができ、すぐに落とすことができる手軽さが人気です。

最後にシャンプータイプですが、こちらは毎日シャンプーするだけで自然に染まるという方法です。

劇的な変化は望めませんが、髪を染めるという負担がほとんどなくなります。

どういう使い方をしたいのか、肌・髪の質はどうなのかなどを考えて、自分に最適なものを選びましょう。