主婦再就職の求人状況

専業主婦が何らかの理由で再就職をする際に、大きな障壁が立ちはだかっていることは、主婦たち自身が良く知っています。

どのような理由であれ、いったん現場を退いた後に数年間のブランクがあると、再就職の際に大きなハンディキャップとなってしまうのです。

このことを、主婦を雇い入れる企業の側に立って考えると、採用に関する懸念材料が大きく2つ存在していることに気がつきます。

まず結婚はしているけれどもまだ子供はいないという場合には妊娠、出産、子育てのために退職されてしまう可能性がマイナスポイントとなります。

どのような企業であれ、せっかく育てた即戦力を失うのは大きな痛手となるからです。

また結婚し、子供がいる主婦の場合には子供の急病や、学校の行事に出席するための欠勤や遅刻、早退などが懸念されます。

いずれにしても主婦の再就職はすんなりとはことが運ばないケースが多いのです。

しかし最近の求人状況を見ていると、こうした主婦のハンディキャップを逆手に取ってうまく再就職に成功した例が多くあります。

それは何らかの資格や経験のある主婦が派遣社員やパートタイムなどで働く場合です。

こうした主婦たちに共通して言えるのは、最初から正社員としての復帰はあきらめているということです。

そのかわり出勤日や勤務時間の上で融通のきく派遣社員やパートを選ぶことで、家事と仕事がうまく両立できるようにしているのです。

主婦の再就職の際に特に有利となる資格や経験としては、医療事務、簿記、歯科助手、レジ打ちなどがあります。

実際にはこの他にもさまざまな経験を活かして再就職に成功している例がたくさんあります。