投資信託とは

投資信託とは、多くの投資家から集めた資金を一つにまとめた上で、投資を専門家が効率よく行い分散投資をして、運用成果をみて投資家にそれぞれの配当を分配するという金融商品です。

投資信託は少額資金で開始できるということが魅力です。

他の投資といえば、だいたい自分で大金を用意して始めなければいけないことが多いですが、投資信託の場合には手軽に少額でも開始できるというのが魅力です。

お金を複数から集めて1つにまとめてプロが運用しますから、一人ひとりの金額がそれほど多くなくても効率よくお金を運用することができる魅力があります。

他にも魅力としては、投資のプロが運用をしてくれるというところにあります。

投資信託は自分で投資をするのではなく、投資のプロが運用してくれますから、自分では経験やノウハウがなかったとしても、プロが上手に運用してくれるので安心です。

分散投資をすることでリスク分散ができることも魅力の一つです。

投資信託では、預かったお金を大きくまとめて運用してくれますから、株や債券など色々と分散投資できるので、投資によるリスクを抑えることにつながります。

自分で行う投資の場合には色々な国に直接投資をするということは簡単なことではありません。

しかし投資信託の場合には、色々な種類のファンドの中から選ぶことができるので、自分の投資したい国にプロに投資を依頼することもできるので、自分で投資するよりもリスクが軽減できるのです。