中小企業の経営者さんの中には市場の変化や減価償却費などで赤字決算に陥ってしまって融資が必要と考えている方もいるのではないでしょうか。

でも赤字決算だと銀行融資は断られることも多いです。

でも、ノンバンク系のビジネスローンなら可能性はあります。

例えば、ビジネクストの場合では必要書類の本人確認書類と法人では登記事項証明書と決算書2年分の提出で審査が行われます。

「決算内容だけで判断していません」という売り文句通り赤字でも借り受けできたという体験談も多いです。

ただ、HPなどでは審査期間が明記されていませんが赤字決算企業の審査の場合は即日融資は難しいようです。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類と考えるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って用意するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に基本的に必要な書類を調べてみました。

①運転免許証などの本人確認書類 ②2期分の決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローン商品ではこの2点があれば審査が受けられますが場合によっては、事業計画書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては1期分の決算書でOKという会社もあるようです。

銀行融資・公的融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの書類が必要になります。

また、銀行融資の場合は初めて取引を行うかどうかで必要な書類も大きく変わります。

ビジネスローンで資金を借りている方の中には今借り入れしているローンよりも有担保低金利ローンなどへ見つけたから借り換えをしたいという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調べてみました。

結論から言うと別の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、ビジネスローンは使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社が貸してくれたお金で支払いしたところでA社からすると貸してた相手から完済してもらっただけということになりますそのためA社からすると拒否することもできません。

同じように銀行期間などの融資からの借り換えや銀行融資などへの借り換えもできます。

ローン商品の名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」という名称です。

どういったものか見てみると中小企業もしくは個人事業主向けのビジネスローンのことでした。

検索して上位に出てきた七十七銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要という条件で審査を受けられるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換を考えた際の資金に良いのではないでしょうか。

しかし、銀行機関の行うローン商品なので審査期間は長めです。

そのためすぐに資金調達をしたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

お金を借りると聞くとアイフルなど消費者向けのカードローンを想像しますが消費者向けカードローンを使って借りたお金はビジネス用に使うためことはできません。

もし事業用にお金を借りる必要があるのならビジネスローンで借りなければいけません。

では、ビジネスローンとはどういった種類があるのでしょうか。

大きく分けてみなさんが想像する比較的低金利の銀行融資と金利が高めだけど審査が早いノンバンク系のローンの2種類になります。

どのくらい期間に差があるかというと銀行融資では1から2ヶ月、ノンバンク系では最短で即日融資をしてくれる会社もあるくらいです。

そのため急な融資が必要な中小規模の会社はノンバンク系の利用が多いようです。

インターネットでビジネスローンについて調べているとこんなウワサをよく見かけます。

それは「ビジネスローンの審査は甘いですか?」という内容です。

結論から言ってしまうと、甘いわけではありません。

基本的には金利を見ると厳しさがわかりやすいです。

低金利は厳しい、高金利になるほど審査が甘いと言われています。

ノンバンク系のローンのように高金利になるほど審査が甘いと言われています。

参考:ビジネスローン審査甘いのは?即日融資比較!【金利安い?】

必ず事業計画書などを提出する必要があり、そこに書いてある内容を1から2ヶ月かけて書いてあることを精査します。

他にも提出する様々な書類から多角的な面から審査します。

このように話を聞いただけでも審査が厳しそうな感じがしますね。

中小企業の大きな悩みでもある資金繰りですが融資が必要なときに利用を考えるのがビジネスローンですがそもそも事業者向けローンとはどういったものなのでしょうか。

一般的なキャッシングは個人を対象にしており、利用目的はショッピングなど基本的に自由とされていますが事業目的の利用はできません。

一方でビジネスローンは事業家の方だけを対象にしたものになります。

事業目的の資金繰りと聞くと銀行融資をイメージする方も多いと思いますが融資が必要な時まであまり時間がない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保や保証人が原則不要となり申し込みタイミング次第では即日融資が可能なところもあるくらい対応が早いです。

融資で資金繰りをする際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資をされたいですよね。

そこで、今日は金融機関による金利の相場を調べてみました。

公的融資を受ける場合は、無担保でも2%前後、有担保での融資になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いて想像する銀行融資では三井住友銀行ビジネスローンでは、2%台からと低利子ですがほとんどの場合で担保が必要になります。

最後に、審査が早いノンバンク系のローンの場合は各ローンごとに最低6%から最高18%と幅がとても広く設定されています。

事業を始める際の資金繰りで強い味方であるビジネスローンですが様々な機関が行なっていてどこを選べばいいか悩んでしまいます。

各ローン商品ごとに利率も違うので借りるタイミングごとにどのローン商品を使うのかを把握しておくことが大切です。

すぐに資金の準備が必要なときにおすすめなのがエール500などのノンバンク系のローンです。

ノンバンク系のローンではほとんどの場合において審査から融資までが早いですが金利が6%?18%の間に設定されています。

逆に、支払い期限などの時間に余裕がある場合では銀行融資がオススメです。

担保は必要になりますが金利2%台などで融資を受けられます。

創業を考えている人の中にはビジネスローンで資金調達を考えている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく低金利で借り受けたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けや事業用なら使い道自由のローン、農業経営者向けのローンなど様々なローン商品が用意されているので借主の状況によってローンを選択できます。

気になる金利も第1・第2創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.5%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れ審査では原則保証人不要なようです。

関連ページ