ビタミンB6の効果って?

ビタミンB6は女性の悩みを解決してくれる栄養素としてよく知られています。

例えば、生理前の「月経前症候群」には腹痛、気分の落ち込み、イライラといった症状が見られますが、ビタミンB6はそうした症状を緩和する働きを持っています。

妊婦さんがビタミンB6を補えば、つわりの症状も和らぐといわれています。

つわり特有の吐き気や頭痛、食欲不振などは「キサンツレン酸」という物質が原因だとされています。

ビタミンB6は、このキサンツレン酸を抑制することで、つわりの症状を改善する働きがあります。

さらに、高血圧、尿タンパク、むくみなどの症状を引き起こす妊娠中毒症に対しても、ビタミンB6の効果が確認されています。

妊娠中毒症は最悪の場合お腹の赤ちゃんの命に関わる病気ですから、その重要性がご理解頂けると思います。

平常時は、ビタミンB6はたんぱく質や脂質の分解に必要なアミノ酸の生成をサポートしています。

適切な量を補うことで、アミノ酸のエネルギー変換率を高め、脂肪を燃焼し、太りにくい体質にしてくれるといわれています。

さらに、脂質を効率よく分解させることで、余分な脂質によって生じる皮膚炎(ニキビ)の改善も行います。

医療の現場では、粘膜を健全に保つ効果を利用するため、口内炎を治療する際に処方されることが多いようです。

逆にビタミンB6が不足すると、口内炎、湿疹、食欲不振、免疫力低下といったさまざまな症状を発症します。

日常的に不足することは稀ですが、風邪薬やインフルエンザの治療薬はビタミンB6を阻害するため服用時に注意してください。